かつて戸建て住宅の木材加工は建築現場で行われました。今はプレカットが主流です。現場では組み立てるだけなのです。

戸建を作るってどうゆうこと?

戸建を作るってどうゆうこと?

戸建てはプレカットで作られる。

木造住宅は大工さんが建てるものでした。大工さんは、のこぎり、のみ、かんななどの大工道具で巧みに木材を加工していたのです。しかし、今の戸建て住宅の建築現場を覗いても、大工さんが木材を加工している姿を見ることはほとんどありません。それは、木材がプレカットされているからです。今の木造住宅では、木材は建築現場に持ち込まれるときには既に加工済みなのです。必要な加工はほとんど事前に工場で行われます。木材は、コンピューター制御された機械で設計に合わせて工場で加工されます。ですから、現場ではその木材を組み立てるだけなのです。
大工さんの技の見せ所は、木材の加工でした。かんなを使って木材をきれいに仕上げる。のこぎりとのみを使って木材を設計に合わせて加工する。これには熟練も必要とされました。しかし、この熟練を要する仕事は工場が担うようになったのです。これによって戸建て住宅のコストが安くなりました。熟練を要する技術者は必要ありませんし、加工済みの材料が現場に運び込まれるのですから、電場ではプレカットされた木材を設計図に合わせて組み立てるだけです。ですから、建築時間も短くなりました。プレカットは木造住宅の建築方法を画期的に変えたのです。
一般庶民の住宅の建築を考える場合、コストは非常に大事です。ですから、プレカットは歓迎されるべき技術です。技術の高い大工さんが育ちにくくなりますが、かつて木材の加工に求めれられた匠の技はもう一般住宅の建設には必要なくなったのだと思います。僕が中学の時には、基本的な大工道具を使っての木材加工は必須でした。基本的な大工道具も購入しました。しかし、高1になる息子がかんなも使ったことはないでしょう。個人が木材を加工する必要のない時代になったのです。プレカットは安価に住宅を提供することに貢献した技術ですが、それだけでなく、日本人と木材の関わりも変えた。木材文化自体も変えてしまったと思います。

Copyright (C)2013戸建を作るってどうゆうこと?.All rights reserved.